HTML5の初歩的な初歩的の事。。。

今更?ながら現行お付き合いしているお客様をはじめ、WEBサイトにおける更新の際にHTML5に変更を行っているので基本的なこと過ぎる内容ですが、書き留めます(汗

■基本ソースコード

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8" />
<title>html5サンプルソース</title>
</head>
<body>
<header><h1>html5サンプルソース</h1></header>
<nav><ul><li><a href="./">Home</a></li></ul></nav>
<article>
<h2></h2>
<p></p>
</article>
<footer><a href="./"></a></footer>
</body>
</html>

● 「DOCTYPE」が、めっちゃ短くなりましたね(汗

<!DOCTYPE html>

また、今まで HTML4 で HEAD に書かれていた

<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS" />
<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript" />
<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css" />

は、もう要らなくなったと言うか書かなくても良くなりました。

HTML5への移行によって色々と簡略化がされています。

その他、タグへの直接的な記述に関しても廃止になっていたりもしますが、結局のところCSSを使用してコーディングしていくので特には影響が無いのかな?と考えています。

簡略ついでに、METAタグでCSSは import.css を設置して他の複数のCSSファイルを読み込む事がありますが、 Javascriptも可能なことはご存知でしょうか?

<script src="./js/import.js"></script>

をMETAに設置して、上記ファイル内には下記のソース

document.write('<script src="/js/jquery.js"></script>');  

の様に書けば読み込んでくれます。

因みに。。。 HTML4の場合は、タグの中に「type=”text/javascript”」を入れてくださいね。
HTML5では、「type=”text/javascript”」は省略可能になっているので上記のサンプルソースでもあえて書いていません(汗

参考までに。。。